*笑いのセンスがイギリス的なブラックユーモア。『ロック、ストック&トゥースモーキングバレルズ』

ということで今更ガイ・リッチーの作品は観てないよという話は
前回『レイヤーケーキ』でも触れた気がするがまあこれを観て、ならばこちらも観ておかないとあれだけ話題になったしと思って借りた。

なるほどなんともイギリスらしいぬるさ。そしてテンポ。最初関係ない話をせっせとして伏線をばらまき、それを中盤から急に転がし始めていく。そしてイギリス人らしい微妙なブラックなジョーク。
あきらかに日本人とは笑いのツボが違うがクスっと笑ってしまうこのぬるさ。
こういうのが好きな人にはたまらんけれど多分スノッブぶっている人には解りにくいんじゃないだろうか。
実のところ『うへー斬新だあ』とかは思わなかったし特に言われているほどクエンティンぽくもないなと。しかもちょっとクドイ(苦笑)
ただオールドスクールをよく勉強してるなと思わせるトコがあってそういう部分がクエンティンとかと同じ匂いを発していると見られるのかな。(彼も大体はネタは古い映画から引っ張っている、その集大成は『ジャッキー・ブラウン』)あとキャラクターが喋り捲る(何気ないセリフが伏線だったりとか)部分とか。

これの公開時に観たら多分熱狂していたと思う。けれど今頃観たのでそれほど熱狂できないが入り組んだ物語を舵取り兼主要登場人物兼狂言回しに主人公を持ってきたことで捌いている。そのシノプシスは上手かった。





ただこの映画、外国の冒険小説や推理小説を読んだやつじゃないと『登場人物が多くて訳がわかんなーい』ってならね?とか思うんだけど。
結局、東京国際映画祭を初めとした映画祭で映画好きのツボを押しただけでそういうアンテナをもっている人にはキャッチできたけどこれ普通に公開されてたら多分なんとなく知ってる人だけ知っているになっただろうなあと。あ、『レイヤーケーキ』もそうか(苦笑)、まあそんな気がするんだけど。
なので閉じられたサークルでは非常に評価が高いんじゃないだろうかと。
それでもこの映画は捻りの効いたツイストなストーリーにくせのあるキャラクターでおいらは最後まで楽しんだ。


主要登場人物で有名人はスティングくらいだろう。イギリスだったらヴィニー・ジョーンズ?そういえばX-MENファイナルデシジョンではジャガーノートで出ていたけども。
そしてジェイソン・ステイサムはこれが出世作となって以後『トランスポーター』シリーズなどでブレイクってことらしいがこの時はそれほど知られた存在じゃなかった。(スポーツ選手としては知られていたかもしれないが:彼は飛び込みの選手だった)だがその割には冒頭の叩き売りが堂にいってるなあと思ったらそういうこともやってたんだとか!
【今週のクローズアップ】『アドレナリン』ジェイソン・ステイサム - シネマトゥデイ | 映画の情報を毎日更新

そういえばキャストで言えば故買をやってるトムのジェイソン・フレミングも時々あちこちの映画で見かける顔だ。

しかしつくづくキャラクター造形は秀逸で凄腕だがまだ経験の浅いギャンブラー、エディ。その仲間で故買をやってるトム、同じようにそれを売り捌くバイをやってるがそろそろデカイことをやって足を洗おうと思っている腕力担当、ベーコン。料理人で仲間内で犯罪歴の無いクリーンな『ソープ(石鹸)』がエディの一攫千金カードゲームに乗る。表向きポルノショップを経営しているボスのハチェット(手斧)・ハリーが主催する高レートのガードゲーム。エディの父親(スティング)は以前ハリーを打ち負かしておりその金で自分のパブを持ったがそれを根に持っているハリーはエディを嵌める。その取立人がウィニーの演じるクリス。子連れで仕事をするタフガイ。息子の前で汚い言葉を吐くヤツを許さない。そして嵌められたエディたちは危ない隣人の計画を知りその上前をハネることを思いつくがというストーリー。
絡んでくる連中も一癖もふた癖もあるがタイトルにあるトゥーバレルズがそういう風に絡むのかと。

銃に詳しくない人には解りにくいだろうがイギリスは狩猟が盛んで特にショットガンでの鳥撃ちはよく行われている。それだけに老舗の銃メーカーが多いし大体が貴族のための少量生産。そのためそれらの銃は高値で取引される。そのハリーがある貴族が売りに出そうとしている2丁の水平2連銃を奪おうとしたサイドストーリーの絡みも面白く最期のオチまでいい感じに収まっている。

当時の空気としてはなかなかいかす(死語)映画を作るやつが出てきたなあと思われたんだろうな。そこでスノッブな連中が飛びついたのでは。それが証拠にマドンナとくっついて以降イマイチ、パッとしないようだ。このままで一発屋扱いで消えてしまうかもしれない(^^;

まあ、こういうちょっとした小品やウェルメイドな犯罪映画が好きな人にはオススメできるイギリス発のクライムムービーかなと思う。
[PR]

by tonbori-dr | 2007-07-24 23:19 | スルー映画祭り