子供向け映画といえば『ドラえもん』だったが

Excite エキサイト:芸能ニュース:香取慎吾が大張り切りの映画「西遊記」の評判 [ 07月09日 10時00分 ]ゲンダイネット
いやいや、おいらもさすがにコレは行かないけれどもさ、確かに子供向け映画と考えればそこそここういう作品の需要はあるわなと思う。
ここんところTV局製作の映画についてアレコレ、エントリをあげてたわけだけども、元々夏休み・冬休みの映画のターゲットといえば子供たちだったわけで。(つまり通常のお客様プラスの上積みを狙える要素として)

そう考えるとおいらがガキの時分に公開された『STAR WARS』でさえ夏休み公開だったわけだし。だから、春と夏に漫画映画をぶちかますだけが能じゃないよとばかりにそういう部分も狙ってくるのはマーケティング的にも正しいと思う。(映画の内容は別として)

まあ手抜きなんかしていたら基本的に子供の方が見る目厳しいからあっという間に化けの皮はがれるので結構興行収入の推移は気になるところ。

追記:07/11
昔の東宝の子供ドル箱といえば『ドラえもん』だったわけだけど(今でもか)実写では長らくそういう部分の映画って無かった気がするが…。
あ、同じフジの仕込みで『ハットリくん』があった!しかも主役同じだし!
そんときから仕込んでいたとしたら凄い話だな。
[PR]

by tonbori-dr | 2007-07-09 23:32 | column@Movie