アニメを実写化はもう既に出来るけれど。

Excite エキサイト:芸能ニュース:ビックサイトが巨大ロボに変形!? [ 06月26日 06時12分 ]

キャンペーンでマジシャンにイリュージョンをさせるんだ。すごいもんだな。でこのネタ。
スピルバーグが最新作『トランスフォーマー』を語る - シネマトゥデイ | 映画の情報を毎日更新

ネタとしてはもう早耳な人や好き者たちはとっくにご存知のこの映画。コンボイ司令官が実写で動き回る!と言われても正直このシリーズ、とっかかりが悪かったせいかそれほど追っていない。

実際子供向けトイが土台にあるのは間違いないこのシリーズ。ちょっといちびってたのも事実だがフツーの人から見れば『超時空要塞マクロス』も『機動戦士ガンダム』も大差ない。

しかもこの話、割とというかとてつもなくスケールのでかい話であったりする。

そんな『トランスフォーマー』だがそれを『アイランド』コケさせたベイにまた監督させるスピもすごい。普通は出来ないデスよ、いろんな意味で。

で予告編を観て、VFX的にはほんと予算が付けば実写で既に『攻殻機動隊』でも『装甲騎兵ボトムズ』も可能だなと。ただそれだけにペラペラなもんもようさん出来る危険性もある。まあ技術的には出来るよーってことは『マトリックス』はおろか『エイリアン2』のパワーローダーの時でもやろうと思えば出来るよねみたいなところはあったし、まあどんどんブラッシュアップしてきた今の時点での極北みたいなもんがどうやら拝めそうな感じだとは思う。


もう少し詳しい内容はこちらのようです。
『トランスフォーマー』スティーヴン・スピルバーグ 単独インタビュー - シネマトゥデイ | 映画の情報を毎日更新



とはいえ、アニメを実写化出来るとしてもバルキリーの編隊が空を舞い、ゼントラーディの2脚戦闘ポッドと派手にドンパチだけならすぐに出来るだろう。

だがそれにお金を出す人がいなきゃ話になんないし権利の問題や色々複雑なものをクリアにしなくちゃならない。そして一番大事なのはホン(脚本)だ。
正確には粗筋(シノプシス)でホンの骨格みたいなものだ。

これが案外曲者で色々プレゼンする課程で改稿は当たり前、途中でまったく違う話になることは往々にして多いと聞く。

つまり出資している人を納得させその他影響力を持っている人を納得させなくちゃならない。

ならワンマン体制のインディペンデントで!となるがそれは当り半分、間違い半分。『ブレア・ウオッチ』とか『SAW』などインディペンデントで当たってよっしゃ!キターとなりでもその後色々出資も受けた映画を作ったときになんか微妙に変わってしまったものを作る羽目になりやっぱり独立プロだぜー、イエーとかなっても今度はそれがクソなホンでも誰も止める人がいなくなり世に出てしまうというジレンマを抱えることになる。
ほんとうに映画って一筋縄ではいかないもんだなあと思う。

と横道にそれたけどマクロスあたりは実は結構まだ芽があってロボテックとしていろんなアニメとともに再編集されてアメリカで放送されたと聞く。そこそこ人気もあったのでまかり間違えば・・・。
こんかいF-22ラプターが変形するシーンがトレーラーにあってそんなの観たらやっぱり実写化しないかなあと単純に思うし。まあその手のが好きな人は一度観て欲しい。

公式サイト

追記07/06/29
ふと思ったが東宝には「ガンヘッド」という作品があるのだがまた作らないのだろうか。あの頃ロボットアニメブームでガンダムから始まったブームの産み落としたものだと思うんだけれど日本でもCGを作るスタッフの力量は上がっている事だしこれを観た連中が本気で作る気になってくれれば面白いと思うのだが。

例えば秘密裏に建造された日本のロボット兵器が突如暴走、それを止める為に有人戦闘メカが投入されるが不測の事態でパイロットが一般人に!とか暴走じゃ無くクーデターを目論む組織に奪取された空中戦艦を止める為に機動兵器で突入する戦士とかまあそういうベタなのでいいから出来たら面白いのになあと妄想してしまう。
[PR]

by tonbori-dr | 2007-06-26 23:43 | column@Movie