*豪華なキャストなのに、微妙。『大帝の剣』

忘れていたが道頓堀東映の最期の封切り作品となるこの映画を観ていたのであった。

原作は夢枕獏氏で、なんでもまだ未完だそうだ。(週刊ファミ通で現在連載中)

それを『トリック』『ケイゾク』の堤幸彦監督が完全映画化。
こーゆう伝奇モノは結構好きだし、阿部寛に竹内力とくればちょっと観たろかとなる。

だが・・・・・・
”微妙”

堤カントクお得意の寒いギャグが本当に寒い
これがうまく機能してカントクの撮るショット、たとえば不安定な構図に妙なアングル。揺れるカメラが加わって一種独特な空気を生み出していたのが『ケイゾク』に『トリック』だが今回はそれが本当に滑っている。

カントクはTV版『セカチュー』ではふつーの演出をしていたのでこれらはわざとやっているのだが(未見だが謙・ワタナベの『明日の記憶』も予告を見るに多分基本普通に演出していると思われる)
今回は伝奇モノで遊べる要素は沢山ある。しかもかって知ったる阿部ちゃんが主演。
脇も六平さんや力兄貴などアクの強い面々。
でもすべってる。ちょっと力みすぎなような感じ。



主演の阿部ちゃんは特にいつもの阿部ちゃんでいいのだけれどせっかく本人がのりのりの殺陣を工夫してほしいのはアクションぼんくらの発想。でもいっそのことDUELで組んだ龍平くんのようにもうアクションで押し捲ってもよかったのでは。こーゆう映画は肩透かしだとリズムが狂ってどうにものれない。

おもうにこういう伝奇アクションのようにかえって何でもできますよといわれると何しようとなってしまうのではないか?(これは日本映画の制作側全般に言えるけど)愚直に芸を磨くのもありなのに中途半端にそっちへも目配せするからさらにすべっている(^^;

阿部ちゃんに絡むのがハセキョーこと長谷川京子。とりあえず熱演。そのお供がクドカン。これも特に不可はないけどアクが薄い。今回はちょっとアクの強い人が回りに多すぎるのでわざとこのキャスティングと推察。
あと黒木メイサってホント、ジャンル映画向きのヒロインになれると思うのでその筋の人はどんどん企画を作るべし(笑)いやいいモノもってると思うよ彼女。

冒頭のSFXはほぼ予告編と同じ(笑)とまあこれは予想が付いていたけどもうちょっと隠し玉があれば良かったのに。他の日本映画でも思うんだけど捻りが無い。そこがハリウッドとの違い(お金)と言っちゃうと身もふたも無いけど(^^;

江守徹のナレーションはあちこちのレビューで不評だが個人的にはこれが一番買える部分。
つうかいっそのこと無声にして江守さんが全部やれば神映画だったのだがまあそこまで思い切れる映画会社も無いだろうしそれならもっとこじんまりと作るのでしか無理か。

というかこのネタとしてはちょっと堤さんの思い切りの悪さが感じられてそりゃあ叩かれてもなあと思うことしきり。もっとっはちゃければ良かったのに、残念である。
[PR]

by tonbori-dr | 2007-06-04 23:48 | Movie