キムタク、『武士の一分』40億越えでちょっと思う

キムタクやっぱりケタ違い!「武士の一分」歴代記録! - シネマトゥデイ
そんなにケタ違いとは思わないが出演者で純粋に呼べるのは素直にすごいもんだと言っといてもいいかもしれない。

だが本当のところどうなんだ?全部が全部キムタクで40億なのか?
それはフジ製作の映画『HERO』でハッキリするだろう。
これは完全に彼の映画だから。
だけどもさ、ちょっと『武士の一分』では納得いかねとか思うこともある。
けど実際には確かにロングランはしていた。まさかジャニーズが力をつかってやらせた?いやいやシネコンは結構シビアなシステムだしお金にならない番組は落とすからそれはないと思うんだが・・・・けどもし支配力を効かす事が出来るとしたらそれはそれでスゲーと思う、というか怖いよ、マジで。

あとちょっと前に見かけたこの記事
木村拓哉にライバル意識をムキ出しにする織田裕二 [ 04月29日 10時00分 ]ゲンダイネット
以下記事引用
「織田は役者としてのプライドが高いから、アイドル上がりのキムタクには負けたくないんですよ。去年12月に公開されたキムタクの主演映画『武士の一分』は興収40億円のヒットを記録しました。同じ時代劇でキムタクに後れを取るわけにはいかないから、力を入れまくっているんです。キムタクは夏に新作映画『HERO』の公開が予定されていますが、撮影が遅れていて、一時は織田の『椿――』と公開がカチ合うともウワサされました。それでも織田は“ぶつけてもらってもいい”と自信満々。キムタクへの対抗心はハンパじゃありません」(映画関係者)

うーんどうなんだろうなあ。基本的にオダっちもキムタクとかなりダブる部分はあるんだがガチはキツイんじゃないだろうかと。
その『椿三十郎』の出来とかその広告展開にもよるだろうけど『HERO』はフジが大量スポットでちょっと分が悪いだろうねえ。
[PR]

by tonbori-dr | 2007-05-02 23:04 | column@Movie