燃えるお父さん・・・?-ドラゴン・プロジェクト-精武家庭

ということでですね。
『SPL-殺破狼-狼よ静かに死ね』といっしょに借りてた『ドラゴン・プロジェクト』
『殺破狼』に比べると少々見劣りするがアイドル映画としてはそこそこ楽しめる。

なによりアンソニー・ウォン|黄秋生が出ているし(笑)、ウー・マ|牛馬とかベテランをちゃんとリスペクトしていることが感じられるような配役でキャスティングしているのもよろしい。

基本的にはお子ちゃま向けだけど主人公に香港のアイドル、ツインズのジリアン・チョン|鍾欣桐を迎えている時点でそうですよね、みたいな(笑)

ちなみに相方シャーリーン・チョイ|蔡卓妍もちゃんとでております。

監督/主演はスティーブン・フォン|馮徳倫。
『拳神』とか『ジェネックス・コップ』などにも出ている人。いわゆるジェネックスの人たちですな。
後ろにはデーンと成龍がひかえてると。(ジャッキーはプロデュースで関わっている。けど顔出しはナシ)その演出は結構手堅い。もうちょっとはじければさらに面白いモノになるかもよって感じ(笑)




アンソニー・ウォンが功夫アクションとワイヤーアクションで頑張ったり『精武家庭』というタイトルにひっかけた『ドラゴン怒りの鉄拳-原題:精武門』ネタのためヌンチャクアクションを見せるというおまけぶり(笑)あんましない人なんで結構新鮮。
だけどそのしょぼいお父さんぶりは『頭文字D』の文太にちょっとかぶったり(^^;
けどそーゆうだらしないお父さんが豹変してクンフーマスターになってもやっぱちょっとだけぬけてたりとかもまたいい味なんだなあ。けど要所のしめはさすが。
特に刺客相手に飲茶の急須と盆をテーブルごとさっとひっくり返す部分の顔がまたしまってるのさ(笑)こんときだけ一瞬グァイの顔だもん。

で前においらツインズならシャーリーンかなあとか言ってましたがジリアンいいわ(爆笑)
しかし前の『ツインズ2』の時もアクションがんばってたけどこーゆうのがあっているのかも。

しかしお父さんが元スパイでってそれ『スパイキッズ』じゃんと思っていたら、結構そういうものらしいって町山智浩さんがいってました(笑)
ベイエリア在住町山智浩アメリカ日記 - ドラゴン怒りのインクレディブル!
そういえばまだ『Mr.インクレディブル』観てないや。これは観なくてはと思ったデスよ。

そしてオールドファンには嬉しいウー・マがこれまたワイヤー・アクションで軽身功でひらりと舞うのもサービスカットだろうけどそれは正しい!
そういうお約束ってもんはちゃんとやってナンボですよ。

あとダニエル・ウー|呉彦祖とけっこう仲がいいのかなあ?馮徳倫がこの前に撮ったコメディ映画にもヒコくん主演で出てるみたいだし。

そんなわけで『SPL-殺破狼』のあとに観たらうすいけどコメディとかと一緒に借りれば面白いと思うよ。
[PR]

by tonbori-dr | 2007-03-31 23:50 | スルー映画祭り