ボックスオフィスチャートから。『300』

いや昨日の夜、時々チェックしている『ショウビズ・カウントダウン』を見てて
全米ナンバー1(今週は3位に後退しているけど)の『300』の映像を見た。
なんともえげつのないギトギトな映像を作り上げているけどこれがあの『SIN・CITY』のフランク・ミラー原作のグラフィック・ノベルだそうでそれでそういう映像になってるのかと。

それと気になったのはやたら『自由が』とか言ってるし侵略者であるペルシャ軍などは殆どオークかゴブリンの群れっぽい。
史実、ではあるらしいがなんせギリシャがポリス(都市国家)によって治められていたいわゆる『トロイ』の時代に近い話なのでどこがどうなのかはよく解らない。
で結局ペルシアの流れを汲むイランあたりにかなり感情的になられているそうで。
eiga.com [ニュース&噂]:全米大ヒット中の「300」にイラン政府が激怒!
古代ペルシャにあたる現在のイランは、「300」を「イラン文化に狙いを定めたアメリカの心理戦争の一部」と厳しく批判した:記事より

監督のザック・スナイダーと製作側はあくまでフランク・ミラーの原作を映像化しただけと言ってるけどそりゃあ観る人が違えばやっぱりねという気はする。まあ『トロイ』だって色々アレでしたしな(^^;

公式サイト(音が出るので注意!)
それと同映画を紹介しているブログGIGAZINEさんのエントリ
300人のスパルタ兵vs100万のペルシア軍の戦いの映画「300」予告編 - GIGAZINE
予告篇リンクにアメリカの公式サイトリンクあり。
ウィキペディアの映画の題材になった出来事のリンクもあるけれど。
テルモピュライの戦い - Wikipedia
出来ればこちらの
スパルタ - Wikipedia
アケメネス朝 - Wikipedia
も背景をざっと知るにはいいかも。ただあくまでウィキペディアなのでその辺はよしなに。
[PR]

by tonbori-dr | 2007-03-26 23:58 | column@Movie