-SPL/殺破狼 狼よ静かに死ね-

既に去年の映画ではあるがこーゆう人がもう話題にしない頃に観るのがおいら好きなのかも(苦笑)
そこで新世代功夫アクションのリーダー、ドニー・イェン/甄子丹とサモ・ハン/洪 金寶、古くからのファンやジャッキー映画で御馴染みの方々にはサモ・ハン・キンポーとして愛嬌のあるデブゴンシリーズやジャッキーやユン・ピョウを初めとする七小福のリーダーとしても知られる彼のガチアクションが語られることが多い映画だが観た人は一様に。

内容が思っていたよりスゴイ!とか良かったと仰っております。

で今回借りてなるほど納得。おいらの好きな類のお話ジャマイカ(笑)
バランスの悪さもそこかしこに見られるけど(^^;

ドニーは死闘2番勝負。相手はサモ・ハンとウー・ジン/呉京。
ウー・ジンは第2のジェット・リー(リー・リンチェイ/李 連杰)と言われてて経歴も彼に似ている。
武侠モノの俳優として活躍しているということだけど喋らない殺し屋その名もジェットをその動きだけで見せる。

トー組常連ヤム茶ことサイモン・ヤム/任達華がまたここでもいい仕事してますよ(笑)ただ結構タイプキャストではあるのだけれど香港電影の俳優さんたちはちゃんとそれをやるんだよね。
その辺りはもう解っているわけで松方の叔父貴に梅宮のカシラとかもうそういう世界。
そういう意味でもサモ・ハンの悪役もタイプキャストをこなしているからこそのキャスティング。元々香港映画界のリーダー的存在でもありカンフー・ハッスルでも一部のアクションの振り付けを請われて付けたことからも彼の存在というものが伺われる。

ともかく重量級(いろんな意味で)香港電影といっても言いかと思う。



話は結構乱暴で黒社会のボスとそれを追う捜査班の刑事たちの死闘というある意味香港映画では定番のストーリー。
序盤のシーンなどは『無間道/インファナル・アフェア』などで御馴染みな静けさをもったカットを積み重ねていく手法。スローモーションなどを使って今までの荒々しさではなく『無間道』で極北に達した香港ノワールの手法を取り入れている。

その上でのドニーの超絶アクションは最後の最後メインディッシュとして取って置かれ前半は脳腫瘍に侵され余命いくばくも無いサイモン・ヤムがなんとしてもサモ・ハンを挙げるという強烈なまでの意志が描かれることになる。そこまでドニーさんはあくまで部外者として他所から来た人なんだけどある出来事を通じてドニーさんもまたそこに入っていく。その重要なシーンの前にドニーさんは以前に犯人を殴って障害を負わしてしまった過去を持ったというシーンがインサートされるのもまた印象的。

そして一人、また一人と刑事たちが凶刃に倒れるところなんぞは東映ニューヤクザアクションあたりでもよく出てきたモチーフ。味方が殺され最後はカチコミだ!という。

でもうまく纏め上げたなあウィルソン・イップと思う。アクションはドニーさんに任せあとはオレがという感じで撮り上げたと思うけど新鋭とはいえ大御所を迎えてのこの仕上がりは香港映画界の底力を感じさせてくれる。

それと日常的に宗教的な説話が存在している香港ならではのタイトル。
『殺・破・狼』そのローマ字表記の頭文字をとってSPLとしているわけだけどこの元の意味七殺」「破軍」「貪狼」を物語の中核であるサモ・ハン、ドニー、ヤム茶に振り分けキャラの特色としているのも香港ならではだと思う。

そういえば森と海サンは『せつない』と言っておられたが、
**殺伐として物悲しい〈 SPL / 殺破狼 狼よ静かに死ね 〉** 日刊【考える葦】Returns
おいらは因果応報、諸行無常とかそういう言葉が巡りました。
でもせつないというのはよく解るなあ。

あとmicchiiさんのエントリで知ったのだが
愛すべき映画たち: 『SPL/狼よ静かに死ね』(2005/ウィルソン・イップ)
愛すべき映画たち: “ダーク・トリロジー”第4弾!?
なんとあのトーさんが関わっている所謂ダーク・トリロジーシリーズの脚本家セット・カムイェンが関わっているとか。なるほどそれであーゆう話なのか。なるほど納得。
いややっぱりホンは重要ですねえ。
[PR]

by tonbori-dr | 2007-03-25 22:49 | スルー映画祭り