ワンナイトインモンコック-旺角黒夜-

これもいわゆる省港旗兵モノだ。
丁寧に登場人物が描かれている作品でダニエル・ウー(呉彦祖)、セシリア・チャン(張柏芝)、アレックス・フォン(方中信)、ラム・シュー(林雪)、チン・ガーロッ(錢嘉樂)が出演。

そういえば『ブレイキング・ニュース』も『PTU』も香港旗兵が絡んでいるが実はあらすじだけを聞くとこの2作を足して割ったみたいな感じがする人が多いかもしれない。

確かに似通った構造はあるけれどちゃんと違う作品として立っている部分がある。
元々描かれている題材が似ている、状況設定が似ているというのはそれだけそういう事が香港の日常でもあるということだろう。

そしてこの運命が交錯する瞬間を巧く描き出している。個人的には『PTU』が好きだが多分『PTU』をお気に召さない方がこちらを観れば面白い!というと思う。




物語として基本的に対抗する二つの組織、組織のボスのティムの息子が殺され(つかかって殺してしまうチンピラをジェネックスのサム・リー(李 燦森)が演じている)そのチンピラをケジメといって殺してしまうものの怒りがおさまらずチンピラのボス、ガウを殺すため携帯などを使った手配師リウ(ラム酒)に大陸から殺し屋を手配するように依頼する。リウは出身の村からフーを呼ぶ。フーは指定されたホテルに入り銃とターゲットを教えられるが警察に抑えられたリウから情報が漏れ宿に警察が踏み込み宿を変える。そこで隣の部屋で男から暴行を受けていた女を助ける。女は大陸から来たタンタン。タンタンは救ってくれたフーの財布にお金を見て取り彼の世話をするといい街に連れ出す。そしてフーは実は仕事の他に目的があった。

大陸から来た殺し屋フーを演じる呉彦祖、同じく大陸から夢を見て渡ってきたものの夢破れて身を売っているタンタン演じる張柏芝。
両者の北京語(大陸は公用語が北京語で香港は広東語)がどれほどのもんかはよく解らないけども(そこらへんの話が特典映像で出ているけどネイティブの人ならやっぱり解ってしまうほどのものなんだろうか?)田舎の人という感じはちょと難しい。というのもダニエル、カッコよすぎ流行のメガネくんで出てくるし。それでもこの作品を貫いているなんとも言えない寂寥感が画面から伝わってくる様とその周辺を丹念に描く事でリアルに感じさせてくれる。

というか警察側の描写、方中信演じるフォン警部側の描写がいい。バランスがあとちょっとこっち側が多いとダメになっていたと思う。
あとフォンがあのフォン(参照)であるという裏設定を知っているとさらに深みが出るがなくとも妻とうまくいっていないしかも過去のあることを引きずって人生に疲れているという感じは出ている。
それをサポートする相棒を錢嘉樂演じるのだがこれがまたらしくていい。酸いも甘いもかみ分けたという匂いがまたいい。これが後々のラストシーンにもいい感じを残してくれる。

なんとも切ないお話でありそういう意味でも淡々としすぎる『PTU』(くどいようだがおいらは好きだ。演出的にはこちら(モンコック)の方が優れているとしても)よりもそれぞれの錯綜した限られた時間がよく描けている。そして一夜の出来事がそれぞれに収斂されていく様も。
スター性の高いダニエルやセシリアなどが出ているがこれ相当難易度高い話でそれをまとめた監督は元俳優でもあるイー・トンシン(爾冬陞)。『ダブルタップ』の製作をしていることからのミウの再登板となったというのも納得。
あと演技陣の頑張りが作品を上げているというのもこの元俳優のトンシン監督だからというのもあるかもしれない。(特典映像でもそれに出演者が言及していた)

なかなかに見応えのある1本
[PR]

by tonbori-dr | 2006-05-28 23:33 | スルー映画祭り