川平慈英は昔「ガンヘッド」に出ていた。

Excite エキサイト : 芸能ニュース|サッカーの人じゃなく…ひとりごと川平慈英(1) [ 05月01日 17時05分 ]夕刊フジ
Excite エキサイト : 芸能ニュース|どんな仕事も大事に…ひとりごと川平慈英(2) [ 05月02日 17時05分 ]夕刊フジ
ということで「そぉーなんです!」の慈英さんがサッカー好きというのは皆さんご存知の通り。
そんで「ASAYAN」でのハイテンションなナレーションとかも有名。
で、もうちょっと突っ込んで知っている人なら慈英さんが俳優ってことをご存知の方も多いはず。
殆ど舞台で活躍しミュージカルなどがメイン。三谷幸喜氏の「オケピ」のキャストでもある。

が彼が「ガンヘッド」という東宝の特撮映画に出ていた事を知っている人はどれだけいるだろうか?この映画はサンライズと東宝が組んで作った作品として知られ、バルキリーでお馴染みのメカデザイナー河森正治氏が主役ロボット、ガンヘッドをデザイン。出来上がった1分の1モックアップセットはほぼデザイン通りでなんとも言えない感じを醸し出していたことを思い出す。今ならCGバリバリの部分も伝統のミニチュアでありそこに味があるのだがなんとも微妙な出来具合な作品に仕上がっていた(苦笑)

その『ガンヘッド』の主人公ブルックリン(演じるは高嶋兄)の仲間を演じておりなんとも軽いアンちゃんという感じで出演。ちなみにボス役(バンチョーという役名だった)はミッキー・カーティス。
結構序盤であっさりやられる役なんだけど妙に印象深くその後「いーんです!」でお目にいやお耳にかかることになるとは(^^;
でも結構映画なんかでも使うと面白いと思うんだけどなあ。
[PR]

by tonbori-dr | 2006-05-02 23:04 | column