【S.W.A.T】やってますねえ。

SWATとはSpecial Weapons And Tacticsの略であり一般的には警察に設置された特殊な任務(人質事件の対処、飛行機及び建物占拠などのハイジャック犯の対処、密輸取締の一斉捜索など)を行う部隊の事を指す。
有名なのは部隊をアメリカで最初に設立したロス市警察のチームであり映画もロス市警が舞台である。ちなみにSWATという呼び名を使わない地域もある。例えばFBIの人質奪還チームはHRT(人質対応チーム)という呼び名である。
さらに言えば日本の警察に設置された特殊急襲部隊SATも同種の部隊であり香港映画で警察のSWATにあたるのがSDU、飛虎隊と言いダニエル・ウー主演の『重装警察』はこのSDUのメンバーをメインに据えている映画である。(ちなみにダニエルはSDUの中でも特殊なTEAM-Eのリーダー)『ワンナイト・イン・モンコック』や『拳神』のチン・ガーロウ(銭嘉楽)とかもでていたりとか警察組織の非情さとか黒社会とか結構盛りだくさんな映画である)
と横道にそれたが今日はあたらなる俺サマくんことワイルドコリンくんの『SWAT』である。



ご存知のようにこの作品は昔放映された『特別狙撃隊SWAT』のリメイクである。
そのためサミュエル・L・ジャクソンの役名がホンドーであったり(ちなみに初代を演じたスティーヴ・フォレストはラストの専用車のドライバーとしてカメオ出演している。)コリン・ファレルの役名がストリートだったりする。ちなみにストリート役はロバート・ユーリック(『ベガス』とかダーティハリー2の殺人白バイ警官の一人)だったんでは?

で時代を感じさせるリメイクといえば公開当時、現実にはいない女性隊員とかが上げられるが今はどうなんでしょうか?

監督は『ホミサイド』のメルドリック・ルイス刑事ことクラーク・ジョンソン。
実は『24』のジャック・バウアーことキーファー・サザーランドにマイケル・ダグラス共演『ザ・センティネル』も監督しているそうな。

ガキの時分に元ネタである、『特別狙撃隊SWAT』を観ててM-16を構えているシーンとかその作戦を立てて犯人を制圧するとかが妙にプロフェッショナルっぽく見えてカッコよかった。思えばこの時からこーゆうボンクラ系にはまる素地がつくられたのかもしれない(笑)

そんなわけでこの映画スゲー公開前は期待しまくってた訳で映画を観てああなんか結構肩すかし喰らったよって感じだったっすねえ。で今回TVサイズで観たらああこれDVDスルーなら結構しっかり作ってるしDVDスルーなのにキャストが結構豪華で特殊効果もハデやしええやんかとなんかそういう目で観れた(苦笑)ようするにTVドラマのパイロット版としてシーズン最初のスペシャル。まずはメンバーが集まって色々あって紆余曲折の上にチームが固まるが…みたいな感じ。もろPART2を意識しているが映画で群像劇をしようと思ったらそれぞれが既に出来たキャラクターでないと難しいのかなと感じた。でもネタは大好きだ(笑)

あと関係ないけどミシェル・ロドリゲスも暴れッ子だそうだよ(^^;
[PR]

by tonbori-dr | 2006-04-21 23:42 | Movie