あずみ2 Death or Love短評

ほんでもってスルー映画祭り今度は邦画。
あの金子監督初時代劇。
『あずみ2 Death or Love』
太平の世に向かおうとしている日本。徳川の天下になったとはいえ未だ世は混乱の極みであり戦を止めるべく豊臣恩顧の大名を暗殺するべく南光坊天海が配下の小幡月斎に命じ育てた刺客「あずみ」。
少女ながら恐るべき剣技をもって次々と使命を果たしてきたが加藤清正を討つ際に一人を残して仲間は返り討ちにあい月斎も死んでしまう。しかし清正を討ち残るは最後の一人真田昌幸ただ一人。生き残ったながらと共に清正を討つ決心を固めたあずみ。伊賀者のこずえとともに昌幸のいる紀州九度山へ。だが昌幸には最強の暗殺軍団、上野甲賀衆を率いる女頭目、空如が立ちはだかる。
そんなあずみの前にあらわれた仲間のなちにそっくりな野盗の銀角、その兄貴分金角らなりゆきで同道しともに昌幸を狙うのだが。
というあらすじ。



なんかこう金子サンらしい作品ではあるのだがやはり凄いってものにはなってない。
正直2時間の時代劇スペシャルみたいな感じである。魅力的な配役ではあるのだがどうにも生かせていないのが気になる。各個人の見せ場になるとそこそこなんだけども。
キャストはあずみには前回に引き続き上戸彩、ながらは石垣佑磨くん、天海には佐藤慶さんが体調不良で神山 繁にスイッチ、清正の家臣、井上勘兵衛は前回に引き続き北村一輝なんだが前回敵役で出演のエンケンさんこと遠藤憲一さんが金角に死んだはずのなちくりそつな銀角が小栗旬つうのはどうよ?いやいいんじゃねえの(笑)みたいな。他にも金子監督の趣味だと思う前田愛とか根岸季衣さんはなんのために出てるんですか、そうですか。
前作の監督北村龍平の北村組からは増本庄一郎&坂口拓(しかも吹替え?なんで?)そして空如には極妻高島礼子に真田昌幸に平幹二郎。極妻演技をやったところがなんつうかあざとすぎでうまくはまっていれば無問題だったのだがちょっと見せ場誤ったか?という気がする出番だったのがなんとも。平さんも要所は締めるけど結局全体がゆるいのでそれもねえ・・(^^;
元のあずみはまあいいか前に本館で書いたし。けど正直前作のアクションの方が見せ場はまあ見せたかなと思うところがまたなんとも(^^;。で、このまま3が作られるとしたらちょっとヤバイぞ又さんと言っておきたい。
[PR]

by tonbori-dr | 2005-12-19 23:12 | スルー映画祭り