昨日は「ギフト」で今日は「ペイバック」実は『攻殻』がらみ(笑)

もっとも「ペイバック」は何回目だろう?よく解らん(苦笑)ということでスルー映画番外編。
昨日の木曜洋画劇場は「ギフト」
サム・スパイダーマン・ライミに脚本ビリー・ボブ・ソーントン(共同?リライト?脚本トム・エッパーソン)とこれだけでもすげえですが、キャストがまたなんともいえず
ケイト・ブランシェット、ヒラリー・スワンク、ジョバンニ・リビシ(スカイキャプテンのデックス)、なにかとお騒がせなケイティ・ホームズなどなど。あっそうだコンスタンティンも出ていたよ(笑)
でも一番すげえと思ったのは地上波のお楽しみ吹替えでごわす。
ケイトは田中草薙素子敦子女史にコンスタンティンことキアヌは大塚バトー明夫氏というなんか妙な脳内変換がされて別の意味で楽しめた(笑)
とはいえ物語のほうは妙な按配で霊能力のあるケイト演じる夫を事故で無くし三人の子供も抱えたシングルマザー、アニーが子供の通う学校の校長ウェイン(グレッグ・ギニア)のフィアンセ、ジェシカの行方不明事件に関わり相談に乗っていたヴァレリー(ヒラリー・スワンク)の暴力旦那ドニー(キアヌ)も絡んでさらに親に虐待を受けて精神を病んでいる青年バディの話も絡むなんともゆるいサスペンス。許しが大きなテーマになっているといういかにもなお話だった。

ほぼ映画@ネタ的な話なんだけどまあ「ギフト」初見なもんで(^^;

で今日の『ペイバック』メル・ギブソンのデフォFIX声優さんは磯部勉さんが長らく勤めていたと思ったけれどここに来て小山クゼ力也(ERファンにはクルーニーのデフォであり24ではキーファー、またXファイルのヴィデオリリースではモルダーの吹替えを担当)
結構若々しいメル・ギブソン?みたいな感じだったことを付記しておく(笑)
[PR]

by tonbori-dr | 2005-10-28 23:22 | スルー映画祭り