「爆裂都市」短評

トゥ組筆頭サイモン・ヤム|任達華にダブル・タップのアレックス・フォン|方中信の豪華競演に加えソニー千葉ががっぷり組んだ
爆裂都市

なんだけれどとっても微妙(苦笑)
というより千葉真一の存在感がでか過ぎ、つか千葉ちゃん出たとこだけ空気が違います(^^;
あとかなりスタイリッシュにしようとしているのに視点が定まらず感情移入しにくい。
香港映画では珍しいけどやはり98分に詰め込みすぎたような気がする。
それくらい話が複雑なのに香港スタイルのスピードで話が展開するのでそこが原因なのかな?と。

それでもサイモン・ヤムの演じるチョン管理官の存在感。アレックスの演じるミン刑事の苦悩など役者はキッチリ見せてくれる。



物語は香港国際空港で行政庁長官が襲撃されるところから始まる。
長官を襲った女暗殺者。それを追い詰めるチョン管理官。だが謎の狙撃者によって女暗殺者はビルから転落してしまう。
捕らえられた女暗殺者は頭にうけたキズにより記憶を失っていたがオトウサンと呼ばれる元ソ連のスパイによって誘拐され育てられた凄腕の暗殺者と判明。
香港警察のミン刑事のチームが署に連行することになったがミンの妻と子が拉致され妻が殺され子供を殺されたくなければ女暗殺者北条真理ことジェイドを殺せと要求される。

息子を助け出すためにジェイドとともに警察、テロリストの双方から追われることになる2人。
しかしこの暗殺にはさらに裏があった。という筋立て。

女暗殺者ジェイドを演じるしらたひさこという女優さんはまったく知らないけれどよく頑張っている。と思うが流石にサイモンにアレックスその上千葉真一に囲まれてはねえ・・・・。
けれど彼女とアレックスvs千葉真一に絞ったほうが面白いんじゃないか?とは思うが実際にはそこにサイモンが演じるチョン管理官が絡むので行方が見えにくくなってしまっている。
非常に勿体無いけどこの映画では反対にもう少し尺を足しても良かったような気がする。
マカオまで足を伸ばした撮影は結構良かったと思うんだけれども。

ホンは割りと伏線をキッチリ張ったってんのにーという感じもそれに拍車をかけている。

あとラム・シュー|林雪も出ているんだけどほんま出番が少ないので彼の持ち味を出せてませんぞ!と言いたいところだがこれ以上彼が目立ってはそれこそ作品がなんだか解らなくなってしまうのでコレはコレでいいと思う・・・・けどなあという感じ。

この映画を製作しているのはアートポート。日本の会社でそこの社長さんがプロデューサー。
監督のサム・レオンは「無問題」に携わった人だとかで縁があるそうな。
ArtPort公式サイト
実績のあるとこ&人みたいなんでこんだけのキャスティングなんだろうけどどうにも勿体無いオバケのでそうな感じがしてしょうがないのが残念だった。

さらに余談、「ザ・ミッション」からブン親分ことエディ・コー|高雄が出ていることを付記しておく。
[PR]

by tonbori-dr | 2005-08-16 01:38 | スルー映画祭り