水鉄砲もX線に映ります

カナダ航空ご利用の際は、水鉄砲を置いてきてください | Excite エキサイト
いや笑い事じゃないかも(^^;だってコレで飛行機が遅れて会社にぶーたれて焦って手続きの事故くらいなら未だしも飛行機が飛んだ後に戻ってくるなんてーことになったらそりゃもう大騒ぎですよ、ええ。

特に最近の水鉄砲をタミヤカラーのガンメタで塗ると改造火炎放射器っぽくなると思う。
と思ったら・・・・いややめとこうマジやばいから(^^;
そんでもって玩具の鉄砲だってエアソフトガンやモデルガンじゃなくても昔はリアルなのがあった。

最初に買った玩具の鉄砲は銀球鉄砲だったがあれだって今考えるとモナカながら結構リアルな形にしようとしていた後が伺えた。
意味をなしていないのにスライドストップやセフティ、マガジンリリースボタンなどがしょぼいながらもモールドされていたと記憶している。
(モナカというのはプラスチックを両側から張り合わしたものでその方法が和菓子のモナカと同じに皮に挟まれた具を想起させることからついた)

でそんなことをつらつら考えながらこの記事を読んでいて
「X線機器を通してみると、オモチャも本物のように見えます。危険は絶対に冒せないのです」とコメント。|記事よりカナダ航空運輸警備局マクガー氏のコメント
そうもう知っている人も多いだろうが最近のハリウッドでベレッタM92(米軍の制式拳銃、「リーサル・ウェポン」シリーズでメル・ギブソンが使っている)に替わり結構よく観るオーストリアのグロッグ。こいつはプラスチックで作られている。で某運の悪い刑事が毎回ドタバタする映画のパート2で「こいつはプラスチックで出来ていてX線にも引っかからない代物だ。」なんていうセリフがある。
が・・・・やっぱり映るんである(笑)いや笑い事じゃないか(^^;
結構思い込みってのはよくあることで未だにそう思っている人も多いかもしれない。

追記 おまけでガンオタのたわごとをエントリしております
セミオートか?リボルバーか?
[PR]

by tonbori-dr | 2005-07-29 22:43 | column