交響詩篇エウレカセブン

なんてーか日曜朝7時は・・・・・・
キツイです(笑)
日曜ぐらいゆっくり寝たいがなとはいいながらも実は土曜に深夜(28時?)に1話遅れで再放送とかやってるんだがそれを観るとさらに日曜を棒にふる(爆笑)
で2話は抜けたがとりあえず7話まで観た。結構おもろいかもしんないな、コレ。
メカデザインはバルキリーの河森、その他のメカニックは宮武さんとスタジオぬえのお歴々。
監督は京田知己。ラーゼフォンの映画版なんかをやってた人らしいと以前に書いたが制作のボンズの中の人のようだ。ようしらんけど(笑)
脚本は攻殻SACのシナリオを手がけた佐藤大。
おいらこの名前を見ると反射的にナムコのシューティング「エースコンバット3エレクトロスフィア」を思い出す。このゲームのシナリオを作ったのがこの兄ちゃんでまあ当時流行の電脳化を絡めた世界観を「エースコンバット」の世界に持ち込み「エースコンバット2」とは違う世界観を打ち出した。
一部で絶賛されたりけなされたりでこの人もよくわからん(笑)
だけど「サマー・オブ・ラブ」「リフ」そして「アゲハ計画」など謎を適度に散りばめているのはなんとなくエヴァ風味。もっともエヴァとは違うけだるい感じがまあ今風じゃないですか、そうですか。
「ブルーマンデー」やら「ブルースカイ・フィッシュ」とかなんとなくなタイトルに「サマーオブラブ」ですから、門外漢のおいらにもわかるネタを若い衆はどう見るのか興味がある。
今の所結構いい感じなんでこの調子で行って欲しい作品になりそうだ。

公式サイト
エピソード紹介を見ると50話まできってある!こりゃ凄い。
[PR]

by tonbori-dr | 2005-05-24 00:51 | anime&comic