SPEC 結 爻ノ篇覚書(ネタバレ)

ということでもう前になるが爻ノ篇観てきたので一応漸ノ篇と併せての覚書をしたためておきたい。

もっともこの映画、多分映画を良く観る層からは多分酷評の嵐だろうな。
まあその気持ちも分からないではない。
けどこちとら数字だけで評価されるドラマシリーズがよくぞここまでという感慨とキャスト陣の熱演。
そしてそれまでの「ケイゾク」からの流れとか諸々背負ってシネコンにいったわけなので、
その辺りを勘案して読んでいただけると幸い。

っていうか、ファン以外で観に行く人の気持ちがよく分からない。
それは踊るの時も感じたんだけど、で結局2で決定的に…いやそれは今は関係ないか。
まあ何度も言ってることだし。

ということで爻ノ篇




うん、まあなんというかネタバレというか、全部説明しちゃってるし、とにかく画が動いてない。その分CG凄いけど。
話の流れとしては凄く納得できるけど、とかく説明が多い。それはサービスゥ、サービスなんだろうけど、
そのサービスは半分に減らしても良かったような。

そして堤ギャグ(=照れ隠し)が少なかったのも印象的だし、今思えば、ああなるほど「ケイゾク」ビューティフルドリーマーも後半ギャグじゃなくて不条理になって、これ押井さんにかぶれたか?(タイトルがそうだったし)とか思ったがそこにこう繋げてきたのかよと。

個人的にはその辺りの脚本、もう少し練って需要部分の台詞と説明台詞を分けて推敲して欲しかったかなというのが正直なところ。
その弊害は個人的には「安堂ロイド」にも影響していると思う。(説明しすぎと衒学なところがごちゃ混ぜになって咀嚼しきれてないところ。
その上のあの名前は唐突感ありすぎで(いやなんとなくそうじゃないかなーとは思ってたけど、それこそファンでないと分からない)ファンに甘えてくれるのはいいんだが、甘えすぎ。

それと漸の篇にもつかわれたライスクッカーズの新曲はいいんだけど…やはり最後は『波の行く先』で締めてほしかったんだゼ。
これは結構今回のガッカリポイント。
というか色々切れませんといってたけど切るのも勇気だし、それで深みも出るし…というか漸、爻で一挙に観たかったもんだよ。

と厳しい御意見をぶつけたけど、やっぱね、当麻と瀬文のコンビは素晴しい。ここ数年のバディものとしてはこれ以上無いコンビだったね。
それは間違いないしまさかこうなるとはドラマが始まった当初は全然思っても見なかった。
それだけに二人の結末はそこに落としてくれてありがとうって感じです。はい。

あそこで佐野元春の楽曲は反則。どう考えても反則。
マジで震えた。まあおいらが元春ファンってこともあるし、ドラマと零にも元春出たりとか(だから結にもでるかなと思ったんだけど写真のみだったorz)あったけど。あとツイッタでPがそれを聞いてるというのとか、特番で堤さんが元春が裏テーマとかいってて予想はしてても、コレはやっぱりね…反則すぎるわ。破壊力はCGの100倍、いや千倍。さすが…いややめとこう。同じ局でもそれはいくらなんでもな(笑

あと色々この作品にも元ネタあるけど、それとは別のところでおいらはキアヌの「コンスタンティン」を思い出した。
でもね、ファティマ第3の予言とか神をつかっているけど、結局は人の業と業との戦いで、そういう部分でもネタは面白いんだけどもう少し練りこみ欲しかったし、やっぱり最終的にはドラマシリーズを当初構想の10シーズンとは言わないけど5シーズンかけてじっく観たかったね。

となんだかんだいってますけどSPECファンならいっとかないとダメでしょってことです。これであの二人も観納めなのだから。
そのフィナーレはやっぱりスクリーンで目撃しないと。


[PR]

by tonbori-dr | 2013-12-30 00:00 | Movie