たけし流仁義なき戦いのようではあるが【アウトレイジ・ビヨンド】

ようではあるがとタイトルに書いてるけど実は前作の方は、どっちかというと「スカーフェイス」っぽい感じがした。
というのも公開前にTVでやったりCSの邦画専門Chとかでも再放映あったりで再見したんだけど、バカヤローの応酬がね、そんな感じをさらに強くしたんだよね。
もっとも「スカーフェイス」は暗黒街の「どてらいやつ」でも最後は「華麗なる一族」的ラストなんだけど。

で今回はそれよりも「仁義なき戦い」側にシフトしたように見えた。いやこれはあくまでもヤクザモノだけどそのお話はファンタジー(ありえないぐらいにぶっとんでる)という意味ではいわゆる実録モノとは一線をまだ画しているんだけど、漂う空気はかなり近い。もっといえば最初の「仁義なき戦い」より続編シリーズに近い空気。

それは大友が広能のように主要登場人物なんだけど、どっか俯瞰している立ち位置に見えるというか。ほら実録ってことで一応の主人公は文太アニイの広能だけども、特に続編とかでは完全に別の人物にフォーカス移ってるという印象じゃないすか、だけどやっぱりシリーズ主役だねって とこは見せる部分が(笑)

なんというか元々北野武監督が、それまでバイオレンス映画が得意だったんだけど、例の電柱激突から内省的になったりとかまあいろいろあって、作風がやや変わったことによる、そういう指向が、また近年ちょっと変わってきたかなあという感じがする。

それはやっぱり北野版「座頭市」の成功があったからかなあという気が。内省的な映画をいくつも撮ってきたけど、やっぱりそういうことよりパァッとしたものを撮るのがなんか楽しいし、意地悪く言えばお金も廻るしねという(苦笑)
そういう意味では、とりあえずたけし映画のドル箱になりそうなシリーズ。いろいろあるので次もあるかもしれませんですなw

ちなみに殺しの博覧会という趣もあった前回よりは手口は少ないが相変わらずの痛い描写は健在。その手のが苦手な人にはオススメできませんのであしからずご了承下さいませ(苦笑)



キャストについては、新規参入の神山繁さんがヤクザの親分かと。
ブラックレインの大阪府警の刑事部長がヤクザの親分かとwwwwでもお歳を考えると、これからもお元気でがんばっていただきたいものです。
そして塩見三省さんはそら、迫力ありますが、ひさびさのブラックな役で西田敏行さん大喜びやなあーというのが観ててよく伝わってきましたよ(笑)

他はコリアンと日本の裏社会の渡し役のフィクサーの方。なんか迫力があって凄かった。その部下役の白竜兄貴は相変わらずカッコよかったけど。

特命係長(さいきんは匿名探偵か)の台詞なしの殺し屋役とか贅沢な使い方とかもあるけどやっぱりチョロこと中野英雄さんは今回美味しい役をふってもらってよかったよねと。拓ボンポジなんだけどちょっと違う、Vシネで培ったモノが活かせてみたいな。

そうだなあ、あと次があるなら次は縁の面子がでてくるのかなあ。寺島兄貴とか大杉の叔父貴とか。まあそんなところでございます。
[PR]

by tonbori-dr | 2012-12-08 20:00 | Movie