欠か結か?『SPEC-天』

ともかく「結」を「欠」にしないためには皆が真実を求めて劇場へひた走れということで、ひとつw
まあ事実ヒットはしているけど制作陣がどこまで想定してるのかボーダーがわかんない。
出来るとしても時間がかかる?でも鉄は熱い内に打て?とも。
でもプロデューサーの植田さんが映画に先立ってのSPドラマ「翔」の数字により地上波は無くなったという煽り。いやこれはどっちか分からんわけなんですけどね、そういう話もあったりでどこまでどうなるかは分からんけどまあ結が気になるなら観にいったほうがいいでしょというお話です。

だけどSPECというドラマに思い入れの無い人が観にいったときにどう思うかまでは責任もてないので、そこんところよろしく(笑)

というのも植田Pと堤監督の「ケイゾク」映画版はモヤモヤッ感が半端なかったからで、今回もそうとう観る前は大丈夫かなと思ってた(苦笑)
でもまあ、ちゃんと本筋で話が進んだんで安心したw
よくギャグネタが過剰になりすぎて滑ってたところも相当あったけどまあ、SPECのカラーがあったんでそこも良しとしましたよ。というかやっぱり連続シリーズで完結させるべきで植田さんも本心ではそう思ってたはずだけどやっぱりこの世は数字なんだろうねえ。あと堤さんは照れ隠しのギャグをもうちょっと抑えるといいと思うんだ。いやそれがアイデンティティというのはよく分かるんですけれど。
ようするにこのままだと単純にエヴァ的なるものでそこにいろいろごった煮でぐつぐつと煮込んであぶ刑事やってるという。でも主演の2人は魅力的だしセンスオブワンダーとしてはX-MENやXファイルに通じるものがあるし面白いんだけどそういうギャグがね、もしかすると門戸を狭くしてるんじゃないかと。

あと多分強力にディスる人もいると思うし、(説明がいるところを説明せずにテーマを語るとかまあそういう部分。)でもSPECってのはつくづく当麻と瀬文の話でそこがあれば、おいらは続きが観たい。つまるところそこしかないんで、ドラマSPEC好きな野郎どもはとっとと天に行くがよろし。
今ムーブオーバーに入ってるんでそろそろ劇場減ってるけどまだやってるところもあるんでね、TVでやるのを待つよとか、レンタルとか温いことを言わずにね(笑)

だけどやっぱ地上波でシリーズ化して欲しかったゼ。まあエライ人は観る目がねえよなということくらいは言っとくよ。こういう育てが出来ねえからテレ朝に負けんだよと。
すみませんちょっと毒吐きました。まあたまにはいいよね(苦笑)
[PR]

by tonbori-dr | 2012-05-24 23:06 | Movie