ワイルドで行こう、『宇宙人ポール』

イギリスのナード(オタク)の2人組がコミコン(アメリカで開催されるSF、ファンタジー小説や漫画などのオタクが一堂に会するコンベンション)に参加するためにアメリカにやって来て、そのついでにあこがれだったエリア51やロズウェル詣でをしようとしたら、男二人の珍道中をゲイに間違えられたりしたりしてあこがれのアメリカとのカルチャーギャップにとまどったり、幻滅しつつも楽しい旅を満喫。しかしそんな二人の前に突如として現れたグレイタイプの宇宙人、彼は自らを「ポール」と名乗った!

という風にお気楽なストレンジャー、イギリス人のオタク2人組がこれまたストレンジャーのエイリアン、ポールとともに繰り広げるロードムービー。言うなればナードの「イージーライダー」であり、「E.T」であり「未知との遭遇」な映画。

ともかくサイモン・ペッグとニック・フロストの二人の名(迷)コンビぶりは「ショーン・オブ・ザ・デッド」や「ホット・ファズ」で実証済み。今回は盟友のエドガー・ライトでなく「スーパーバッド 童貞ウォーズ」(未見)のグレッグ・モットーラ監督を組んでるんだけど「童貞ウォーズ」を観てないのでどうなのかなと思ったけどなかなかに手堅い演出だった。

とにかくポールが超いい味だしててシガレットを加えゲップをしビールを愛飲しピスタチオをかじるエイリアンなんて、しかも登場シーンが超クール。なんか超ばっか使ってるけれど本当にそうなんでしょうがないw

ポールの声の担当はセス・ローゲン、カンフーパンダのカマキリの中の人。最近は50/50で主人公の友人役で出演とか。人を喰ったポールの表情に声がマッチしていてこれまた良いのですよ。

イギリス育ちで始めてアメリカの土地を踏んだ二人が現実をちょっと知る事によってガッカリしたりモーターキャンプ場の管理人の娘にグレアム(ペッグ)が恋をしたりとか、非常に王道な展開ながらもときどき挟まれるコネタにクスリと笑い、徐々にポールと仲良くなっていく二人組と途中で加わるモーターキャンプ場の娘ルースのロードムービーはほんとうにこの年の暮れにほんわかとした気持ちになれた。もちろんホットファズコンビなのでちょっとやり過ぎな部分もあるけどそれもまたブラックな味わいでまた良し(笑)いいこちゃんでは世の中見えてこないちょっとは冒険してみよう!ってことで。

そうそうこの映画を倍楽しむにはいろいろ映画を観ておくといいけど特に上にあげた「未知との遭遇」と「ET」あたりは鉄板です(笑)でも観てる人も多いから大丈夫か。多分。

11月には全然映画を観にいけなかったのでこの12月はライダー(感想書いてないけどこれも面白かったよ!)とポールでいい気分になれたよ(^-^)

公式サイト
「宇宙人ポール」オフィシャルサイト │ 12月23日(金・祝)全国ロードショー!
samurai-kyousukeさんのエントリ
「宇宙人ポール」
[PR]

by tonbori-dr | 2011-12-31 01:52 | Movie