静かに燃える男『アジョシ』

『アジョシ』観た。
いや予告編観たときからこれは観なくちゃならんなという匂いがしていたが、やっぱりそうだった(笑)とはいえ主演のウォンビンはイケメン韓流スターでかなりの韓流好きでウォンビン目当てのマダムや女性が多かったが、若い人は結構「カッコイイ」という意見に対しマダムたちはもしかするとあまりの凄惨さに声を失ってしまったかもしれない。

でも「殺人の追憶」「チェイサー」や他の作品でも描かれてきた韓国映画の暴力描写は時に痛い。
そしてこの『アジョシ』でもそれは遺憾なく発揮されていた。

もちろんただ痛いだけでは無い。ちゃんと話に筋を通すための暴力描写であるから主人公テシク(ウォンビン)の深い悲しみ、怒りが伝わってくる。

もちろん最初のソミ(キム・セロン)とテシクとの静かな交流もしっかりと描写されているのでいるからなんだけども。

そういえば邦題「マイ・ボディガード」というタイトルで公開された「Man of Fire」を思い出した。状況とかは違うけど鬼畜な犯人に囚われた少女を救い出すために(それは自らの心をも救済することになるのだけれど)単身で戦いを挑む男という共通性があるが、公開時は結構この映画買ってたんですけれど、今はダントツにこちらですね。

最初は監督の想定では主人公は隣にいるありふれた中年男という設定だったそうだけど(ソン・ガンホとかキム・ユンソクとかだろうか?)シナリオを読んだウォンビンが役を熱望し、それに打たれた監督が応えたというけれど、それだけに鬼気迫るっていうのはこういうことだよみたいな。

アクションの組み立てもよく、組織の殺し屋役タナヨン・ウォンタラクンとの一騎打ちとか見せてくれる。
実際いい感じにお客さんも入ってるみたいなんだけれどもっとボンクラ系男子は観に行ったほうがいいよな1本。

『96時間』並にシンプルなプロットだけどだからこそ無駄の無い動きと話の組み立てと俳優の演技、それらが堪能できる良作だった。

但し凄惨な描写が苦手な方にはオススメできませぬのでそこはご了解を。

「アジョシ」の映画詳細、映画館情報はこちら >>



キャストについては、主役についてはウォンビンのほかの作品みてないけどそうとうに気合入れてるってのはひしひしと感じた。
もう一人の主役、子役のキム・セロン、上手いけど日本の子役よりとかそういう瑣末なことじゃなくて、ちゃんとこういうシーンだよということを理解させた上でしっかり演出がつけれているということが大きいんじゃないかな。日本でも子役のスキルっていうか実は子供の方が達者なのだけど、そこをしっかり演出できるっていうチームは少ない。なんかいろいろそこらへんは考えてしまった。

脇役陣では見た目はマンソク弟のキム・ソンオが目が大きく印象的なんだけど、マンソク兄のキム・ヒゥオンが突然爆発する演技が秀逸。キタノ映画ででてきそうな。それと先にふれたベトナム人ボディガード役のタイのウォンタラクンがこれまたいい味だしてテシクとの対決に向けていい感じで盛り上げている。両者を追う麻薬捜査班刑事のキム・テフンはトー組ならニック・チョンだね、「大事件」の。あーなんか二人とも共通点あるなって思いました(笑)両方観てる人ならなんとなく分かってくれると思う。

そうそうトーさんとの関連を挙げるともう一つあって、銃を調達してもらったテシクがグロッグのスライドを片手でカチャカチャ。これ「鎗火」でマイクがガバでやったのと同じ動作。あ、監督、もしかして観てるかなとちょっと思いました。アレをする映画あんまりないからね。実際にあれでバネの堅さを調べるかどうかは知らないけれどプロからするとあまり意味の無い動作だとか。でもカッコイイからいんだけどね(笑)
[PR]

by tonbori-dr | 2011-10-10 00:02 | Movie