毎度のことながら『プリンセス・トヨトミ』

関西ではまだムーブオーバーやっとるんだけども、まあ地元民としてはやね、『阪急電車』と秤にかけてこっちにいったわけなんよ。やっぱり大阪国民やしというわけやし(笑)
で原作読んだ前提での感想ということでそのあたりはまあなんちゅうかとめおいてもろうてね。がっつりネタは割らんけどまあ大阪弁でいきますんでそういうことでよろしくちゅうことで。

なんやろうなあ、キャストには非が無いし、演出もそんな目くじらたてるほど悪くは無いわけなんやけども、なんやろうかなあ脚本がちょっともにょる(^^;
いやホンというより原作からの改変部分があまり上手くいってないという印象やなあ。
大きいのはキャラの変更。いや、じゃこ屋がでてけえへんのは分かる。キャラクター増えすぎるし、しやけども主要キャラクターの性別変更はどないやねんとまあそういうこっちゃ。

綾瀬はるかっていう女優さんはやね、天然ボケをさせると輝くと思われとるみたいやけども、同じように万城目先生の「鹿男あをによし」で原作キャラを女性に変更したのが上手く行ったからちゅうて、今度も綾瀬たんありきで原作キャラクターを男女逆転させてみたでっていうのが、その残念ながら上手く機能していなかっんちゃうんっていう感じでどないや?みたいな感じやねんなあ。

ようするにバランス的に陰と陽、五分と五分で男女入れ替えたやろうけどもやね、やっぱり旭は、女性でないとまとまらないのと違うかと。で結局、おとんから息子への継承みたいな部分だけが強調されてもうて、そこにあったボーイ・ミーツ・ガールなところとか、母性の部分が描写はあったけども正直薄まってしもうてつらかったなあ。もうね綾瀬たんはいるんや!ミラクル鳥居は女でいくんや!やったら旭も女でやねいいんとちゃうの?「鹿男」のときかって、藤原くんだけキャラ変更でいったんやし。

いやねまあ、美術とか雰囲気はええし、空堀のロケとオープンセットの融合がいい具合であーあんなんあるあるみたいなね、それはちょっと感心したんわけやねんけども、でも実際に空堀のところにある中学があんな古めかしいのかどうかまでは知らんけどね、でも結構学校といえば古いみたいな部分とかも気分でとったし、そういう枝葉は良かったかなあとは思ってる(多分あれどっかの大学でロケってると思う、パンフ買い忘れたんでよう知らんけどwww)

というかワシの本音的には、ドラマで1クールじっくり向きな企画でやったらよかったんちゃうのと思ったなあ。2時間の映画にまとめるにはちょっと無理があったんちがうかなあと。1日を1時間でリアルタイムと違うけどね、そういう感じでじっくりと書き込んでほしいお話やったなと。
まあキャストが熱演やったんでちょっと点は甘くなったけどね(あと地元ラブもはいっとるんでね)まあそういうことで。

「プリンセス トヨトミ」の映画詳細、映画館情報はこちら >>



キャスト的なお話でイメージ的には鬼の松平ってあまり既存の俳優さんがうかべへんけってんけども、堤真一はなかなかええキャストやったんちゃうかな。
ゲーンズブールに関しては前からついーとしとるけどアンジェラ・アキ(笑)そうやなー「のだめ」の時の吉瀬美智子でも可やな。あとな、パツキン(金髪)って言ってるけどそれはワイの頭ン中だけでやね、実際は茶パツですねん多分のだめの吉瀬ちゃんのがあったせいやねw。でも金髪のイメージやねんなあwwそれだけはガチや。いっとくけど男旭の岡田将生くんが悪いのとちゃうで。ワイの脳内イメージがそうやという話やで。ミラクル鳥居は基本的には塚地やねんねけども別に素っ頓狂な部分では綾瀬はるかでもええかなという。ようするにジョーカーやから。切り札やねんけども役に立たないという部分がwwもうね、綾瀬ちゃんにこだわるんやったら女性二人でもええやんという話やねんけどね、単純にwww

真田幸一の中井貴一とか奥さんの和久井映見とかは豪華な配役ではあるんやけれど(笹野さんとか宇梶さんとか)特筆すべきは大輔役の森永悠希くん、ぴったりすぎるやんけ(笑)あと茶子役沢木ルカちゃんもな。そういう意味ではもっと2人に軸をおいた作りでも面白かったかも知れへんなあ、まあこれは独り言ですww
あと関テレのヤマヒロさんが自身の役ででてはったな。いやそれはどうでもええけど(ヲイ!)
そういえばラジオドラマの時は幸一が英和さんやったな。英和さんというのは浪速のロッキーのことや。全部聞いてなかったし結構あっちも話がはしょられとったけど面白かったな。

てなわけでてっきりフジの鹿男路線でやるんかなーと思ったら映画になっていろいろ残念な感じになったなあということで。いや原作はおもろいねんで、ここまで書いといてなんやけど。割と大阪の平常運転みたいな空気が流れてて。一風変わったファンタジーなんで興味のある人はぜひ読んでみてー。

プリンセス・トヨトミ (文春文庫)

万城目 学 / 文藝春秋


[PR]

by tonbori-dr | 2011-07-09 23:55 | Movie