黒い玉完結篇『GANTZ PERFECT ANSWER』

黒い球の完結篇観たゼ!
とりあえずアクションがVERSUSみたいだったゼ。
いやアクション監督が一緒だから当然と言えば当然なんだけど。(下村勇二氏)
ちょっと勘のいい人には読むと結末わかってしまうかもなので注意。


だいたいそうなるんじゃないかと思ったところに収まったが、案外綺麗にしたなって印象。
漫画がどんどんエライ事になっているのに対してということでも。
こちらは映画の尺に良くも悪くもまとめてみたよっていう感じ。大きくはみ出さないがちゃんとまとまっているという感じ。それゆえに「小さく」まとまっているととられてしまうかもしれない。それに色々問題を(テクニカルな部分で)解決していないので(主人公の物語としては)完結しているんだけど、俺(脳内)の中では終わってねえというかもしれないよねと。

このエントリを書くにあたっていろいろあたると、実は監督がリメイク「修羅雪姫」の人というの知った。道理でと思うところも多々あり。でもそれ以外の映画全然見たこと無かった。でもホッタラケの島を監督していたとは…。
脚本の人はブラッディマンデイとか最近ではLADY最後のプロファイルを書いた人…。いやでも『探偵学園Q』はけっこう好きだったよ(苦笑)

残念だなと思った点は大型星人とのバトルが無かったところ。せっかく大仏星人(おこりんぼうだっけか?)星人でいい感じだったので原作のぬらりひょんみたいな星人とのバトルは観たかったなあ。それと栗山千明がでていないところ(笑)だってファンなんだし、原作にもそっくりなキャラでてるんだから本人だそうよ。いやまあそれは私の趣味ですが、それがなにか?(爆)

ただそこは置いといても、着地点がもうちょっと酷な感じでも良かったんではないかという気がする。結局、死人もでてしまって取り戻せない感みたいな。まあ等価交換はなされているんですけれどね。そこんところはまあ個人的には残念だなという印象。
あと山田孝之の立ち位置がイマイチだったことと(もうちょっと前篇からかませておけばねという事も含め)、あの特別篇いらなかった。っていうか前篇と後篇に上手く入れ込んで欲しかった。まあ完全にいらない子ではないけどだからといって別にするっていうのがなんとなくいやんな感じ。っていうか『SP』もそれあったなあ。あれはさらに話繋がらないよって事でちょっとと思ったけども、まあコレは見て無くてもなんとかなるのでそれはOK。

後は結構がんばってたっていう感じ。いろいろ制約やら多かったとは思うけどもまとめた事とかも含め「よくできました」といった感じ。
ただまあどうしてもオリジナルと比べられてしまうのはしょうがないし、そこが漫画原作の辛いところ。
これがGANTZでなければ正直ヒットしたかどうかという事もあるし難しい。でもそっから先はビジネスも絡む話などでこたられば論になってしまう。ふーむ。そういう意味ではここ最近のTV局映画でもここまできる一方、デメリットの部分もハッキリしてきたよねの中の1本であることは間違いない。

「GANTZ PERFECT ANSWER」の映画詳細、映画館情報はこちら >>
[PR]

by tonbori-dr | 2011-06-04 22:01 | Movie