竜でなく龍である。「龍馬伝」

昨日、今年の大河ドラマ「龍馬伝」が最終回を迎え視聴率は最高を更新とはいかなかったが20%を越えたとか。

昨日はツイッターで#ryomadenのタイムラインを追いつつ、自分もいくつかツイートしていたのだがまあチーム・ハゲタカ(チーフ演出の大友啓史さん率いるいわゆる大友組)の演出の手によるまさにこだわりの映像だったなあというのが一つ。それとこの作品は最初から弥太郎伝という宿命を持っておりそこへの帰結がなされた印象深い最終回だった。
時代を駆ける:大友啓史/1 対照的な龍馬作り - 毎日jp(毎日新聞)
アマデウスのサリエリとはよくいったもので、だからこそのあのラストも1日経った今ならよくわかる。
とはいえ昨日観た時点では不覚にも噴いてしまったが(笑)

歴史認識については異論のあるところで、それについては脚本家の責任ではないかなと睨んでいるんだけれど、上の毎日でのインタビューの連載で後に大友氏は半ば確信犯的にそれを指示しそれに対して責任を負うような発言をしている。その意気や良しとは思うけれど、例えば霧島の演出や弥太郎が最初から龍馬に絡むにしても大胆な割には、歴史に沿うような修正をほどこしたりなどのホンの迷い、いやこれはNHK、世間の公器たる放送協会の迷いなのかもしれないなと。そこは残念な部分だった。


やたらと理想というか「しぇいくはんどぜよ」「うーみ、ぜよ」「あいらぶゆーぜよ」「なまかみんなぜよ」というワンフレーズポリティクスは、それどうやねんとアマノジャッキーな自分としては思うたけどやね、まあ立志伝なのでそういう明確さがいるんやねともいうのも分かる。けどいろいろペース配分とか最後が超駆け足だったとか、弥太郎はともかく中岡をもっと初期から噛ませとけとかっていうのはあったわな。

個人的には龍馬の暗殺の核心部分に触れるのかなと始まった当初は期待しており色々推理もしたりしていたけど9月の時点で制作統括の鈴木Pのインタビューを読んでアレ?もしかしてと思ったら思ったとおりになったでござる(苦笑)
大河ドラマ「龍馬伝」、ついに最終章!! 制作統括・鈴木圭氏がラストを語る!? - ザテレビジョン
なんというか「何が龍馬を殺したか?」そこで、ああそうか龍馬というヒーロー列伝を作りたかったのだなと。そこには明確な黒幕はいらない。歴史のうねりが彼を殺してしまったのだと。だからタイトルが「龍馬伝」なのだなと。
実際には明確な理由をもって殺意を抱いた者達が龍馬を暗殺したわけだけど、そこは少々ガックリした。っていうか薩摩とか長崎奉行とか黒幕を匂わせておいてアレですかみたいな。長州(木戸)あたりのなんか道が分かれた感の描写で良かった気がする。完全に薩摩の悪者描写は蛇足に感じたのはマイナス部分。
もちろんその部分を含めて古きことにこだわる人たちを、いわゆる「抵抗勢力」という部分として見たて、結局そういう流れであったのだという話にもっていってるんだろうけど、(ヒーロー列伝としてもそのほうがヒロイックに盛り上がる。事実あの暗殺のシーンは分かっていても息を呑んだ。まあ他にもあっという話があったけどそれは後で)この時代はそう簡単に括れるもので無いし、龍馬という人物が実際に薩長同盟のウラにいて、大政奉還という部分にもかかわっていたことを考えると、そういう描写は「ハゲタカ」のチームにしては個人的には食い足りないし読み足りないのではと思った。

それでも一部で顔芸とまで称される俳優陣の熱演に、長廻し多様のショットなどなどハゲタカ大友組の撮影、演出は毎度毎度面白かったし、個人的にはそこは満足。当初の目的どおりに弥太郎伝としても締めれたわけだしね。

でも大河としてはまさに異色(それが狙いとはいえ)だったわけで色々問題もあったねということは書きとめておきたいし何より、これが史実と思った人は、歴史の勉強をしっかりしてからにしろよとは書いておきます。でないと勘違いな人が続出しそうだから。歴史書の史実の場にどういう考えでという部分で今回の龍馬を観るのはありだけどそれがイコールじゃないよと。フィクションなんですよということは混同しちゃいけない。

と厳しいことも書いたけど、このチームでデスペラードな「新撰組異聞」とかさ、晋作伝とかは面白そうなので作って欲しいわね。あと龍馬の望んだ新世界へはそう簡単にならなかった闇の部分を抉り出す「龍馬伝外伝-西南の役」とかね。カッツミーの西郷さんが結局、そういう武士の負の部分を自分が背負っていくところをガッツリやるとかねw

まあ色々書きましたけど真木よう子のツンデレぶりとかお佐那さまの貫地谷しほりとかお元は…まあいいか。でも蒼井優は嫌いじゃないんだけどね。あ、そういえば広末もでてたな、前半は結構存在感あったけど、1部だけの人だから結局、あの人誰?みたいになってしまったけど(苦笑)
こういう風に青年期から通していくと龍馬にかかわる女性が多くてやっぱり女たらしかみたいなwwwそこだけはましゃが龍馬でよかった金八さんではそこは説得力が出ないww
なんだかんだと書きましたが1年ともかくいろいろと楽しませていただいたので良しということで。キャストは良いながらも中盤で見てられなくなった「天地人」よりはオススメです(爆)




ちなみに先に書いた暗殺シーンの噴いたとこ、ニュース速報テロップ。だけどそれでNHKに苦情はお門違いだと思う。先にあげた放送協会はいわゆる公器たるものでそこにはそういう部分もあるのだから。
まあ楽しみにしていた人たちもいるのはよく分かるけどね。まあ今後は例えばネットでの配信とか、デジタル時代に向ってそういう部分も考えられることではあるけど、楽しみにしていたからといって烈火の如く怒り出すのはいかがなものかなと思うことを付記しておく。
[PR]

by tonbori-dr | 2010-11-29 21:16 | TVdrama