プラネテス雑感

いやー、今日はやられた。
原作では最後のほうと「宇宙防衛戦線」のテロの話で取上げられたネタをこうつかうとは・・・・・南米の内乱の続く小国から宇宙服(というよりポッドというべきもの)の売り込みに来た男を軸にこうまで鮮やかに現実の歪みを描き出すとは。その次に原作の連続爆破とケスラーシンドロームの話をもってくるところに正直脱帽である。
今日の話はいいホンだった。
クレアの生まれがその国というのも後日なにかに生きてくるのだろうか?それも興味があるしぜ前々回に続きハキムも登場。ある意味原作を今日は越えた回だった。
[PR]

by tonbori-dr | 2004-09-30 00:52 | cartoon