ローガンの秘密「ウルヴァリン X-MEN ZERO」

ひさしぶりのスルー映画祭りエントリー。
アメコミ映画、「アイアンマン2」公開間近なのでおなじアメコミ、そして同じマーベルユニバースから、人気キャラの「ウルヴァリン」の誕生を描く「ウルヴァリン X-MEN ZERO」でもなあーこのタイトルどうかと思う。
とのっけからぼやきだけど、原題名はX-Men Origins: Wolverineたしかにこのタイトルでは分かりにくいが、実はゼロって名前のキャラクター(ガンカタ使い)が出てくるのでそこが気になったんだよね。

で物語は1845年、カナダ。虚弱な少年だったジェイムズ・ハウレットはある晩、庭番であるトーマス・ローガンによって父が殺されるのを目撃し、激情に駆られた時に指の間から鋭い爪が伸びるという能力が発現した。そしてそのまま父を殺したローガンを刺し殺してしまうが、ローガンは死の間際にジェイムズに自分が父親だと告げる。そして兄であり同じミュータント能力を持つ、ビクター・クリードとともに1世紀近い時を戦場におくことになる。

ジェイムズは南北戦争やWW1にWW2、ブラッディオハマなど激戦区で戦ってきたが兄のビクターの破壊衝動に危惧を覚えていた。そんな時、ヴェトナムで従軍中に無差別に乱射するビクターをとがめた上官を彼は殺してしまい、味方相手に立ち回りの末、上官に反抗の罪で銃殺されるが、超回復能力を持つために死なず牢獄に入れられるが、そこにストライカーと名乗る男が彼らをスカウトにきた、彼の率いる特殊部隊「チームX」へ。しかし彼らの非道な振る舞いについていけずジェイムズはチームXを去る。数年後カナダの山奥でジェイムズはローガンと名乗り、木の伐採をしながらケイラという学校の教師をしている女性と暮らしていた。彼女は彼の過去を受け入れた上で一緒に暮らしている。心の平安を得るローガン。しかしそんな平穏を破るように訪問してきたストライカー。何者にかにかつての仲間が殺されている、チームに戻れという話を今の暮らしを大事にするローガンは断るのだが…。

なんかあらすじこのまま全部書いてしまいそうな勢いだけど、アヴァンタイトルはヴェトナムでの上官をビクターが殺してしまって銃殺されるところくらいまで。

で何故、アダマンチウムの骨格と、以前の記憶が無いのか?っていう事を明らかにするストーリーでストライカーは演じている役者さんは違えどX-MEN2に出てきたストライカーと同じ人ということらしい。

もちろんアメコミの方もいろいろ話が積み重なっているので、これは映画オリジナル。でもこの作品、キャラクターが多すぎてそれぞれに見せ場があるもののイマイチ盛り上がらない。ただウルヴァリンと兄であるビクター(セイバー・トゥース)とのバトルやチームX のメンバーの能力とかもとりあえず見せたでーみたいな感じになってて残念。ゆうなれば超圧縮で少年ジャンプでお馴染みのバトルトーナメントをしましたよ、みたいな。

嫌いじゃないけれど、今回限りの人とかも多くてもったいないなあとか思ってしまった。ただ個人的にはガンビットが出たのは良かった。もっとも出番少ないしあと、あんなジョニー・デップっぽい人じゃないんだけどなー、自分の中では。出来れば彼のスピンオフを観たいが、なんでもヴィランのデッドプールのスピンオフが作られるんだとか。うーんよー分からん。

エージェント・ゼロというアジア系のストライカーの部下。明言されていないが、コイツはガンカタ使いだ。でもぴょーんとジャンプしたりとかだけでミュータントなのかどうかは微妙な部分。でもこれならプレストン(リベリオンの主人公)もミュータントだよな。

X-MENメンバーからはチャールズ・エグゼビアことプロフェッサーXが出るがアレ本当にパトリック・スチュワートなのか?お目々がパッチリでキモかったぞーwww、あとスコット・サマーズが出ていたがウルヴァリンとの面識無かったじゃんというのはそう来たかと。

とりあえずアメコミ好き。前作から追ってますとかあと、ヒュー・ジャックマンファンにはオススメです、ハイ(笑)

「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」の映画詳細、映画館情報はこちら >>



追記2010/09/18
そうそう森と海サンのエントリ
**〈ウルヴァリン X-Men ZERO〉頭からっぽで面白かった。そんだけ** 日刊【考える葦】Returns
を見て思い出したけど『スリーマイルの隠された真実はコレだッ!信じるも信じないのもあなた次第ww』って感じなクライマックスなんですよなー。って廃墟みたいなスリーマイルっていうかあの暴れっぷりとかいろいろねーwwって感じですええ。
の割には時代的な匂いが少なすぎるというか。銃とか装備とか、いろいろ。ちなみにH&KMP5は結構前からあったサブマシンガンだけど映画などの画面に大きくでてくるようになったのは多分1990年代くらいから。それまでは公的機関に優先されてたからなんだけどね。まあマメ知識的に。
[PR]

by tonbori-dr | 2010-06-09 23:52 | スルー映画祭り